自宅を売るか貸すか迷った時の道しるべ

売却?貸す?

 

自宅を売るか貸すか迷った時の道しるべ

 

今後自宅に住むことがない場合、自宅を売却するのか、あるいは貸家等などの貸与にするのか迷っている方は少なくないはずです。

 

いずれを選択するにしても、収入の見込み額と予想される必要経費をしっかりと検討して判断することが重要です。

 

まず自宅を売却すると決めた場合、売買契約成立のための諸手続きが生じます。通常は専門の不動産仲介業者に依頼することが一般的です。家屋の売却は自分が望んでいる金額で契約が成立することが理想ですが、やはり需要と供給による相場の動きを十分把握する必要があります。専門の業者はこうした情報を様々な角度から常時入手していますので、自分で契約締結を目標に動くよりも効率が良いはずです。

 

また、売買が成立するためには、移転登記等に関する書類作成として司法書士が、また相続税や所得税が生じた場合に必要な確定申告書類の作成として税理士等が必要になります。こうして士業との繋がりも不動産業者は有しているケースが多い傾向にあります。

 

最終的な費用としては、こうした書類作成費や税金、契約成立時に不動産業者に支払う仲介手数料等および翌年に生じる国民健康保険や住民税等の市民税を挙げることが出来ます。売買価格から必要経費を控除した手許し額に満足がゆく可能性があるのであれば、自宅の売却を決めると良いでしょう。

 

次に自宅を貸家等の貸与に回す場合です。このケースも専門の不動産賃貸業者に依頼する方が賢明です。この場合、大規模な広告を打ちつつも、賃貸料の設定や諸経費などを具体的な数値を教えてくれるなど、きめ細かいサービスを提供してくれる業者を選定することが大切です。

 

インターネットによる広告活動を採用している業者はこちらが支払う広告費もゼロもしくは少額で済む場合がありますので、積極的に業者の情報を入手して比較検討を行うことが必要です。また他人に物件を貸すまでには、自宅を改装するための諸経費や室内のクリーニング代などを支払う必要があります。賃貸物件を見た目も非常に大事ですので、必要経費として考慮しておくことが必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ