自宅売却には仲介と買取の選択肢あり

「仲介」と「買取」の2種類

 

自宅売却には仲介と買取の選択肢あり

 

不動産を売る方法は、「仲介」と「買取」の2種類あり、それぞれメリットとデメリットがありますのでご自宅の売却を検討している方はどちらがよりお得かを検討するのが良いでしょう。

 

「仲介」は、不動産屋さんが購入者希望者を探すという方法です。売主が自宅の売却を不動産屋さんに依頼すると、不動産屋さんはその物件の広告を出したり、不動産流通ネットワークを利用して購入希望者を探します。売主と買主をマッチングしてくれるのが「仲介」ですので、売り主は不動産屋さんに仲介手数料を支払うことになります。買主が見つかるまで概ね3か月から半年程度の期間が必要で、売り主が提示する条件で購入する人が見つかり次第、売却完了となります。成約時、国土交通省が定める仲介手数料を売主が不動産屋さんに支払います。

 

一方、「買取」は、不動産屋さんが直接その物件を購入するという方法で、広告や不動産流通ネットワークを使って購入者を探す「仲介」に比べて短期間で不動産を売却できます。直接の購入者が不動産屋さんですから、仲介手数料もかかりません。売主と不動産屋さんの間で売却条件を調整し、双方が合意すれば売却完了となります。約2週間から1か月程度の期間で手続きは完了します。

 

時間をかけずに自宅を売りたい方は「買取」にメリットを感じることでしょう。
しかし、不動産屋さんは買取った不動産をリフォームするなどしてその価値を高め、買取価格よりも高い値段で販売します。このため、もともとの買取価格は低めになります。

 

それに比べて「仲介」の場合は売主の希望で販売価格をある程度高めに設定することができますが、買い手が見つかるまでの期間が大幅に長くなる傾向にありますから、売却までに時間的な余裕が必要になります。また、立地や状態など不動産そのもののコンディションの他、価格など諸条件によっては購入者が見つからないケースもあることも忘れてはなりません。

 

時間と金額のどちらを優先するかを検討しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ