自宅を売るには不動産業者と媒介契約を結びます

自宅の売却を検討するときには不動産業者に依頼することになります。

 

自宅を売るには不動産業者と媒介契約を結びます

 

 不動産業者に売却や購入の仲介を依頼するときに必ず契約するのが媒介契約です。この媒介契約は、宅地建物取引業法と呼ばれる法律で売却や購入の仲介を希望するときに契約することが定められています。媒介契約なしに勝手に不動産の購入や売却を行うことはできません。

 

 媒介契約には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類があり依頼者はこのうちのいずれかの媒介契約の形式を自由に選択することができます。

 

 専属専任媒介契約は特定の不動産業者に仲介を依頼するときに他の不動産業者に重ねて依頼することができないということが定められている契約のことです。この契約ではまず依頼主のほうは自分で購入希望者を見つけることはできないことになっています。特定の不動産業者のほうは1週間に最低でも1度は売却活動の状況を依頼主に報告する義務を生じます。また、目的物件を国土交通大臣が指定している流通機構へ登録するという義務も負っています。

 

 専任媒介契約についても特定の不動産業者にのみ依頼することになります。こちらは依頼主のほうが自分自身で購入希望者を見つけることができる点で専属専任媒介契約と違っています。特定の不動産業者は2週間に1度以上の頻度で売却活動の状況を依頼主へと報告する義務を生じます。

 

 一般媒介契約は上記の二つの種類の媒介契約と違って複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができることを特色とする契約です。こちらは不動産業者のほうは依頼主への報告義務は存在しません。依頼主は自分自身で購入希望者を見つけることが自由にできます。指定流通機構への登録義務についてはありませんが、任意で登録することについてはできることも特色です。
 指定流通機構とは不動産に関するコンピュータの情報ネットワークのことです。一社の不動産業者が物件を探し当てることには限界があるため、業者はコンピュータの情報ネットワークの力を借りて相手方を広く探すことが義務付けられています。

ホーム RSS購読 サイトマップ