ワンルームマンション経営とアパート一棟経営

初期費用に大きな差が。

 

ワンルームマンション経営とアパート一棟経営

 

最近は金利が低下する傾向にあるため、預金よりは投資を検討する方が増えてきています。なかでも、ローンの金利の引き下げや相続税などの対策の一つとして、不動産投資で安定した収入を得たいと考えている方が多くみられます。不動産投資を行う場合、ワンルームマンション経営やアパート一棟経営が候補にあげられますが、それぞれどのような特色があるのでしょうか。

 

ワンルームマンション経営は、マンションの1部屋を購入すればスタートすることができますので、初期費用を抑えられるのがメリットです。マンション経営が軌道に乗ったときに、部屋数を増やすことも可能です。その一方で、マンションが空室になったときには、賃料が入ってきませんので、収入がゼロになってしまいます。その期間中にもローンの返済や管理費・修繕積立金などを支出する必要がありますので、空室のリスクは大きいといえるでしょう。

 

アパート一棟経営については、複数の入居者がいるため、空室が1つか2つあっても、他の部屋に入居者がいれば、賃料収入を確保できるメリットがあります。また、土地を所有することができるため、資産の価値を維持できる効果もあります。その一方で、ワンルームマンション経営と比較すると、アパート一棟経営では、必要となる初期費用は大きくなります。

 

借入額が大きくなりますので、立地の選定や居住者の見込みなど、より慎重に検討する必要があるといえるでしょう。定期的に建物全体のメンテナンスも必要になりますので、その分の費用も見込んでおく必要があります。

 

ワンルームマンション経営の場合、比較的初期費用が少ないため、手軽に始められるのがメリットです。その一方、空室となったときのリスクは高くなります。アパート一棟経営では、初期費用は高くなりますが、空室のリスクは低くすることが可能です。収益性や資産価値を考慮するとアパート一棟経営の方が有利な面もありますが、投資額が大きくなるため、リスクも高くなると考えられます。

ホーム RSS購読 サイトマップ