自宅売却する時に仲介業者が行う広告活動の解説

広告活動はどんなことをしてくれるの?

 

自宅売却する時に仲介業者が行う広告活動の解説

 

自宅売却にあたっては、通常は不動産会社と媒介契約を締結することになります。この媒介契約というのは、売主と買主を仲介してもらうよう、不動産会社に依頼をするための契約といえます。このような媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と呼ばれる種類があり、基本的には特定の不動産会社にだけ仲介を依頼するのか、それとも複数の不動産会社に同時に仲介をしてもらうよう依頼するのかによって異なってきます。

 

自宅売却の際の媒介契約では、売却できた金額の一定の割合を不動産会社に手数料として納付さなければなりませんが、そのかわりとして、売主本人にかわって、さまざまな広告活動をしたり、実際に購入希望に不動産会社を訪れた人への説明や現地案内も契約手続きの手助けなどをしたりといったことを代行してもらうことができます。

 

その際の広告活動ですが、まずはレインズと呼ばれる不動産取引情報提供サイトに、売却物件の所在地、交通条件、間取り、築年数、売り出し価格、法令上の制限事項、構造などといった詳細を掲載します。このレインズには地方の各ブロックごとの不動産会社が参加し、相互に連携していますので、情報は瞬時に全国規模で伝わるようになっています。そのほかにも、民間の住宅売買専門サイトが多数ありますので、自社のホームページとあわせて掲載するのが一般的です。加えて、地元対策としては、戸別配布のチラシを作成したり、ミニコミ紙の情報欄に掲載したり、あるいはのぼり旗を立てて現地説明会を開いたりといったことが行われます。

 

こうした広告活動も媒介契約の一環ですので、ふつうは広告費を余分に請求されることはありませんが、売主が強く希望して特別な広告方法を使った場合については、別途費用の請求があることもあります。いずれにしても、仲介とはいえ不動産会社としては高く売れれば手数料がもらえるわけですから、相応に販売促進のための努力は惜しまないはずです。

ホーム RSS購読 サイトマップ