自宅がなかなか売却できないという時の対応

自宅の売却がうまく行かない時には?

 

自宅がなかなか売却できないという時の対応

 

もしあなたが自宅を売却したいと思った時、なかなか売れなかったらどうしますか。「売れるのはいつでもいい」という人はあまりいないでしょう。自宅を売却したい時は、何らかの理由があってのことですから、この日までに売りたいという期限があるはずです。期限が近付いているのになかなか売れない、そんな時はひどく焦りが出るでしょう。ではどうすればいいかですが、まずその理由について考えてみれば対策も見つかります。その理由は大きく分けて3つになると考えられます。

 

1つ目は、価格が高い場合です。どんなに良い物件でも、他の同じような物件と比較して高いと感じたら、諦めて他の物件に決めてしまいます。売る側が「どうせ売るなら、少しでも高く売りたい」と考えるように、買う側も「どうせ買うなら、少しでも安く買いたい」と考えるものです。買う側はたくさんの物件を調べていますから、相場より高かったら手を出しません。そんな時の対策は、価格を下げることです。相場と比較して魅力のある価格かというのが大事です。

 

2つ目は、物件そのものに問題がある場合です。問題があるのが、物件そのものなのか、それとも周辺環境なのかによっても違いますが、もし物件そのものなら対策はとれます。それは、どこに問題があるのかを調べて、その部分を改善することです。例えば、「トイレが汚い」とか「キッチンが古い」とか「和室が嫌だ」のように、買う側が嫌だと思う点を調べて直します。場合によってはハウスクリーニングだけでなく、リフォームが必要な時もあります。

 

3つ目は、不動産会社の売り方に問題がある場合です。例えば、広告の出し方が良くないとか、積極的に宣伝活動をしていないなど、売り出し方のどこかに問題がある時は、不動産会社とよく話し合って改善してもらいましょう。それでも駄目な時は、思い切って不動産会社を変えるというのも一つの手です。

 

このような理由が考えられますが、対策をとれば、ちゃんとその家を買いたいという人は現れます。不動産会社や家族と話し合って対策をとってみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ