不動産投資ローンの特徴とは?良い点は?

不動産投資ローンって何??

 

不動産投資ローンの特徴とは?良い点は?

 

歴史的な低金利において、もはや銀行にお金を預けるより、資産運用でお金を増やさざるを得ない状況となっています。その資産運用の1つとして不動産投資にチャレンジしたい人が増えており、その過程において不動産投資ローンを組む人も同じように増えています。住宅ローンの場合、その人の返済能力が見られ、家を捨ててまで借金を残して蒸発することは考えにくいことから審査は緩めなのに対し、不動産投資ローンの場合には事業計画などが見られ、また借金を残して蒸発することは十分考えられるため、審査がとても厳しいのが特徴です。

 

不動産投資ローンのメリットとしては、自己資金が少なくてもローンを組むことで投資が行え、高い利回りを得ることができる点です。また、手持ちのお金がたまる前から投資に打って出ることもできるため、気を逸することなく挑戦することができます。それを可能としているのが不動産投資ローンです。デメリットとしては、部屋の状況によって収入が変わり、返済が難しくなることが挙げられます。ローンの返済を毎月の家賃収入で賄うことがほとんどです。その家賃収入は満室であればその分儲かるわけですが、空室であればあるほど収入は下がります。短期間ならばどうにかなってもそれが長期化してしまうと返済で精いっぱいの状況となり、資産運用どころの問題ではなくなってしまいます。

 

デメリットはまだあり、売却タイミングを逸し、ローンが残ってしまうことです。資産運用として不動産投資ローンを組み、さぁこれから運用していこうという矢先に何らかの都合でこうしたものを売却しなくてはならないことがあります。購入して間もない時期だと家賃収入をそこまで得たわけではなく、結果としてローンが残ってしまいます。ですので、不動産投資を行う際には、出来る限り自己資本を積んでおくことも必要ですし、突発的に売却しなければならないリスクを十分想定した上で不動産投資に挑む覚悟も必要となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ