抵当権付き物件を不動産投資で購入する場合

抵当権付物件とは???

 

抵当権付き物件を不動産投資で購入する場合

 

不動産投資は初期費用は必要ですが、比較的手軽に、そして低リスクで行う事が出来る投資方法としても人気を集めています。
しかし実際にはトラブルが起きていると言う事もあるので、それに対する知識を得る事はとても重要です。
気を付けておきたい事の一つが、抵当権付物件を購入する時です。

 

抵当権付の物件と言うのは、簡単に言えばまだ担保になっている物件と言う事になります。
本来はその権利を抹消して売買する方が良いのですが、なかなかそうもいかない場合も少なくありません。
勿論、不動産業者としては買主に損害を発生させない様に注意はしますが、時にはそれに伴ってトラブルが起きてしまう事もあるので注意が必要です。

 

特に気を付けたいのが業者を通さずに個人で売買を行う場合です。
業者を利用する場合は前述した様に買主に損害を与えない様な努力が行われますが、個人の場合はそういう事はあまり行われません。
その為、時には抵当権が付いた不動産を抵当権者が売却してしまう、競売に掛けてしまうと言う事も理論上は有り得る話となります。

 

勿論、不動産投資と言うのは比較的低リスクで行う事が出来る投資方法と言う事で人気が集まっていますが、このように抵当権付の物件を購入する場合は抵当権が無い物を購入する時に比べるとはるかに不安定な状態になってしまう事もあるので注意しましょう。
出来るだけ安定した状態で投資をしたいと思ったら、個人の間での売買契約は行わない事が基本です。

 

また分からない事がある場合はそのままにしておくのではなく、なるべく早い段階でプロに相談する事も重要となります。
勿論抵当権がついているかどうか、という事も予め調べておき、確認しておくと言う事も必要です。
大丈夫だろう、きっと信用できるはずだ、何とかなるだろうと言う根拠のない事を考えてしまうと、時にはトラブルに発展してしまう事もあるので十分注意しましょう。
何かあった時はどこに相談するのか、それを明らかにしておくだけでも抵当権付物件を購入する時のリスクは最小限に抑える事も可能です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ