自宅売却で「早く」「高く」を実現するためには?

「高く」「早く」売却!

 

自宅売却で「早く」「高く」を実現するためには?

 

自宅を「高く」「早く」売却するというのは、口で言うのは簡単ですが、実際にはなかなか難しい面があります。売却をするほうの側に立ってみれば、できれば本人が新築で自宅を購入したときと同じ程度か、それ以上の価格で、しかも1か月以内といったごく短期間で売却したいと考えるものです。しかしながら、不動産には売り手とともに買い手があることが絶対条件ですので、相互の思惑がマッチしていなければなりません。買い手のほうとしてみれば、周辺で売却に出されている住宅よりも安い価格で、築年数もそれほど経過していない状態のよいもの、しかも交通条件や周辺環境に恵まれている物件を購入したいと考えるものです。これでは双方の思惑が食い違うのが当たり前ですので、ある程度は妥協をしつつ、譲れないポイントだけはしっかりと守るという姿勢が、自宅を「高く」「早く」売却するコツとなります。

 

まずは、何を目的として自宅を売却するのか、そのために譲れない条件とは何かをはっきりさせておくことがたいせつです。もしも新居を購入して住み替えのためであるとか、借金返済の足しにしたいというのであれば、価格そのものよりも、早く売却をして利益を得ることのほうが望ましいため、価格については妥協することになります。いっぽう、すでに自宅や別宅をいくつかもっていて、住む場所には困らないというのであれば、成約までの時間よりも、価格を値下げせずに好条件の買い手を待つほうが得策かもしれません。

 

また、不動産会社の使い方としても、仲介と買取という、ふたつの方法があることを理解しておくのもよいといえます。仲介のほうがわが国では一般的ですが、要するに不動産会社が個人の買い手をどこからか見つけてきて、売り手とマッチングするというしくみのことです。価格的には高く成約できる可能性がある反面、なかなか買い手があらわれないデメリットもあります。買取のほうは、自宅を査定した不動産会社に直接買い取ってもらうことで、相手が専門知識をもっているだけに、安く買い叩かれる可能性もあるのですが、少なくとも他の方法よりも早く売却できることは確かです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ