借地権付物件を不動産投資で購入するケース

借地権付き物件とは???

 

借地権付物件を不動産投資で購入するケース

 

一般的に不動産投資家は何に注目し、費用対効果の高い物件を購入されるのでしょうか。今、注目されているのは【借地権付き物件】があります。借地権付きの物件は、不動産投資家にとって相場よりも安い値段で購入できますし、高利回りも期待できるとされています。一般的に言われている賃借権は、借地権とほぼ同様な意味合いで使われます。借地権の中には、定期借地権というのがあります。

 

これは借地期間が定まった借地権のことであり、期間満了となった際には借地を地主に返還しなければなりません。というわけで一般的な借地権よりも低く設定されることが多いといえます。また借地権付きの物件の場合、それ自体は他人の土地を借りて建てられた物件と言い換えることができます。つまり建物の所有者と土地の所有者が違うことを周知する必要があります。土地を借りることは、建物の所有者が土地の所有者(地主)に地代を払わないといけなくなります。

 

そのような物件の購入を考える際のメリットやデメリットにはどんなことがあげられるのでしょうか。まずメリットには、【安い価格】があります。その他には【税金の軽減化】、【購入の際の経費軽減】があげられます。全体的な経費の削減を考える場合、借地権付きの物件はおすすめできます。居住期間はどうでしょうか。その内訳にはつぎのようなことがあります。【旧法借地権】と【新法借地権】です。新法は定期借地権ともいわれており、更新が不可能となっています。更新が不可能な借地契約では、期間満了の際に住居を壊さなければなりません。

 

全くの更地にしてから地主に返還するのです。その後、実際に建物を他人に売却する場合は借りている権利(借地権)もつけて売却します。しかし、売却する場合は地主の承諾がいることを知っておかなければなりません。その他の知識としては、【可能な用途範囲】があります。まず【用途】です。

 

契約の内容が住居用から事業用に変更する際には、地主の承諾が必要になります。用途の変更ではなく、木造から鉄筋コンクリートへの変更時にも地主の承諾が必要ですので知っておきたいものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ