住宅ローンが残っている状態の自宅売却の話

住宅ローンが残ってて自宅を売る時

 

住宅ローンが残っている状態の自宅売却の話

 

自宅を売却する場合には、基本的には住宅ローンはすべて返済が完了していなければならないことになっています。しかし、住宅ローンは非常に長期のローンであること、また借金などの為にローンの途中であっても自宅を売却しなければいけない場合も有るため、そのような場合にはなかなか対応することが難しいものです。

 

但し、特例的な扱いとして住宅ローンが残っていても自宅を売却できる方法が有ります。

 

一つは残っている住宅ローンの残債分を補てんし住宅ローンを完済させて売却する方法です。この完済に必要なお金は自分で用意できれば問題は有りません。また、銀行によっては多目的ローンなどで借り入れることも可能です。要は売却する前に住宅ローンの残債を無くさないと自宅は売ることが出来ないということになります。

 

また、自宅を売ったお金で住宅ローンを完済しようと考える人も少なく有りませんが、住宅は住宅ローンの抵当物件となっていることが多いため、ローンが完済しない限りは債権者の許可なく売ることはできない決まりになっているため出来ないことになっています。

 

しかし、借金の問題などで住宅ローンを支払えなくなった場合には通常財産が差し押さえられたり、自宅を差し押さえられたりすることが多いものですが、そうなる前に自分の意思で売却できる方法が有ります。これが任意売却です。この場合には住宅ローンの債権者である銀行などがその債権を第三者に譲渡したタイミングで新たな債権者に相談し許可を得ることで自宅を売りに出すことが出来るという仕組みです。

 

住宅ローンが有る間は法律により売ることは出来ないものなのですが、銀行が住宅ローンの権限を放棄した時点で住宅ローンに関連したものとは見なされなくなることから可能になるのです。但しこの方法はあくまでも借金などで住宅ローンが支払えなくなってしまった場合に適用されるため、通常では銀行がその債権を第三者に渡すことは無く、基本的には住宅ローンを何らかの形で完済しないと売ることが出来ないということになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ