競売物件を不動産投資で買う時のポイント

競売物件の考え方

 

競売物件を不動産投資で買う時のポイント

 

不動産投資は不動産と投資の対象として売買することです。不動産投資の種類としては賃貸経営を行って収益を得るインカムゲインと割安な不動産を購入して売却してその差益を得るキャピタルゲインの2つがあります。多くの場合にはこの2つを組み合わせて不動産投資とするのが一般的です。

 

一方で、キャピタルゲインを行うさいに割安で不動産物件を手に入れられる方法のひとつが競売物件です。競売物件では住宅ローンや、そのほかの借金などが支払えなくなった所有者に対して債権者が裁判所に申し立てて、資産である不動産を没収して売却するというものです。これらの売却手続きは裁判所が行うことになります。

 

いずれにしても競売では市場価格よりも安い価格での購入が可能になりますが、円満な売却ではないためトラブルも潜んでいるため注意が必要です。通常の取引では宅地建物取引業法にもとづいて売却手続きが行われますが、競売物件は民事執行法によって行われます。宅地建物取引業では物件案内や内覧、瑕疵担保、鍵の引き渡しや物件の引き渡しが明記されており、また契約者に対する保護も手厚いといったことがあり、安心して取引できるように法律で保護されています。

 

一方で競売物件では、物件案内や説明は殆どなく、建物の外観を見ることはできても中を直接、見ることはできません。このため裁判所で提供されている書類だけで判断する必要があります。また購入後に何らかの問題があっても裁判所は対処してくれませんし、瑕疵担保や鍵の引き渡し、物件の引き渡しもありません。このため元の所有者が居座り続けているといったケースもあり、これらに対処するため裁判を行う必要があります。

 

また最大の注意点としては、競売の入札方法で1回の競売では1回しか入札できないということです。このため入札をする前に物件の入念な調査が必要になりし、転売を目的として購入する場合には周辺との関係も把握しておく必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ