自宅の売却は不動産オークションでもできるのか?

自宅売却の選択肢の一つとしてオークションがあります。

 

自宅の売却は不動産オークションでもできるのか?

 

オークションは自宅の物件情報をインターネットで公開して、売却する方法です。自分でそれをすることはできないので、オークション会社に依頼します。家のオークションを行っている会社は全国にいくつかあります。依頼する会社を決めたら、その会社に自宅の詳しい情報を送ります。それによってオークションの会社が家を査定して、最低売却価格を決めます。最低売却価格が決まったら、ネット上にその家の情報が公開されて、入札が始まります。決められた期間内に一番高い値段を付けた人が落札します。特定の日に入札した人が集まって、物件を見ながら入札をすることもあります。これは公開入札と呼ばれます。その家が売れた場合は、オークションを頼んだ会社に手数料を払います。

 

自宅をオークションで売却するメリットはいくつかあります。一番大きなメリットは、入札者が多いときは家の価格が上がることです。一つの業者に売却を頼んだ場合は、その業者が付けた値段が家の売値になります。オークションの場合は、入札者が多ければ多いほど家の価格が上がります。自分が一番納得できる方法で家を売れる手段と言えるかもしれません。オークションではネットで広く情報を公開されるので、普通の不動産会社が売るときよりも宣伝効果が高いと言うメリットもあります。

 

オークションで売る場合のデメリットもあります。入札がたくさんあれば、家の価格は間違いなく上がるのですが、入札がない場合もあります。そんな時はオークションを依頼した会社に手数料を支払うだけになってしまいます。オークションで売れない場合は、オークションをしている会社が家を買い取ってくれることもありますが、売値は大幅に安くなってしまいます。交通の便の良いところにある自宅や資産価値の高い自宅だったら、この方法を試してみる価値は十分にあります。特に都市部の人気のあるエリアにある家だったら、オークションで高く売れる可能性があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ