不動産投資でのキャッシュフローについて解説

不動産投資のキャッシュフローは、株式会社のキャッシュフロー計算書と同じです。

 

不動産投資でのキャッシュフローについて解説

 

収益が家賃収入しかないだけで株式会社の経営と全く同じです。家賃収入のほうが管理費と借入金の返済金額より上回っていれば利益が出るという、非常に単純なビジネスモデルです。資金調達の目処が立ち返済計画等がたてばサラリーマンの人でも副業は簡単です。

 

入居者が継続的に発生する地域や物件を調査し、資金調達を検討し返済計画さえたてば、すぐにでも経営のできるビジネスです。不動産投資は株式投資と同じように思われがちですが、実は株式会社の経営と同じです。

 

株式投資や株式会社の経営のようにハイリスクハイリターンではなくローリスクローリターンですが、毎月100万の利益を確実に得たい方には向いている不労所得ビジネスです。不況になり、サラリーマンの人も、いつリストラに合うかわからなくなってきました。不動産投資であれば、サラリーマンをしながら経営者をすることが可能です。

 

管理はマンション管理業者に委託、入居者の斡旋は不動産会社に委託すれば、数字だけ見ていればいい経営者になれます。管理や清掃は土日に自分でしてもいいかもしれません。まずは、不動産投資のセミナーに出席して情報を入手し、あとは物件探しと資金調達でいいと思います。

 

ほっといても入居者が集まるような物件を調査し、資金繰りの目処を立てることが重要です。たしかに、株式投資や株式会社の経営をしたほうが一攫千金は目指せますが、サラリーマンが副業で出来る経営としては不動産投資は最適なビジネスモデルです。ハイリターンは望めませんが、確実な100万円は目指せます。

 

いつリストラされても不動産投資を行っていれば安心です。一度、自分でシュミレーションをしてみることです。資金計画と返済計画の目処さえたてば、誰でも不動産投資をすることは可能です。いざという時の不労所得を持つことは精神的な安定をもたらせてもくれるものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ